お客様の声と施工事例

寺社・大型建造物もクラシタス

曹洞宗 龍興院 様

600年の歴史が続く龍興院

慶応13年(1406年)から歴史が続く龍興院様。およそ600年この地の心のより所となっている。平成10年に新築された本堂は美しい日本瓦が葺かれていた。風格、力強さ、そして地域の方々をしっかりと受け止める包容力は、檀家の皆さまからも深く愛されていた。

心のより所

東日本大震災が本堂を襲い瓦は棟から崩れ落ち被害は深刻であった。本堂内部を風雨から守る為にも早急な修繕が必要であった。住職は被災後まもなく自らクラシタスを訪ねられた。評判を以前から聞いていて安心感があったという。
境内は祭りなどで子供たちが集うこともある。安心・安全を考慮し瓦ではなく銅板屋根にすることにした。しかし、繰り返される余震。だが前を向く為の大切な場所を作ろうとスタッフはみな心を決めた。
職人、資材、時間。あらゆるものが不足の中「心結ぶ場所を守るのだ」という想いを強くしてくれた。
着工から4か月後龍興院様本堂には新しい屋根がかかった。復興に向かう地域の皆様の心のより所として輝き続けるだろう。