リフォーム

小岩 様

憧れていた「無垢の家」を実現するクラシタスとの出会い

長年憧れていたのは水や空気を吸排出する、「自然素材の家。」奥様がクラシタスの展示会と出会ったのは、母屋の改装プランに思いを馳せていたタイミングでした。「クラシタスさんは施工事例も豊富で、実際に無垢材のサンプルにも触れて、ここにお願いしよう!とすぐ決めました」と奥様。まずは、ご夫妻が利用される一階部分のみ手を入れることが決まりました。弊社リフォームアドバイザーの水戸は、自然素材を使用したリノベーションの施工経験が豊富。床は肌ざわりの良い赤松の無垢材、壁は吸湿・消臭効果のある珪藻土クロスを採用。柔らかで自然な雰囲気の内装に仕上がりました。また、小岩様はこれまで収納スペースに悩まれていました。そこで、各部屋に収納スペースを広く取り、玄関にもウォークインのシュークローゼット、さらに趣味の小物を飾れるディスプレイ棚も設置。十分な収納を確保出来る工夫を随所に凝らしました。

趣きある景観を維持しながら満足の行く施工に

キッチンはカウンター式に。寝室は広く。水廻りはできるだけまとめて……。叶えたい希望が数々ある中で、何より優先されていた事は今だけの快適ではなく、5年先、10年先を見据えた安心なバリアフリーリフォームでした。「将来、車いすになる可能性を考えると、やはり段差や動線の確保が気になるんです」と奥様は話します。そこで玄関部分にはスロープを設けることで、段差を解消。さらに浴室入口もフラットにし、車いすで動くための広さも各所に確保しました。
「一番気に入っているのは玄関口。大きなひさしに立派な屋根で、お客様にも褒められる自慢の場所なんです」と奥様。実は世界遺産を有する平泉一帯には、景観維持の観点から建築物の外観にさまざまな制限があります。その条件をクリアしつつご満足のいただける仕上がりを叶えました。
当初、「改装は1階だけ」というお話でしたが、「1階がキレイになったら、2階もやっぱりキレイにしたくなって」と、最終的には2階もリフォームすることに。こちらは元の間取りを活かしつつ柱を濃茶で塗り、和モダンに仕上げました。「仙台と東京に住む息子たちの帰省時に使ってもらおう」と満足の笑みを浮かべる小岩様ご夫妻。お正月には、生まれ変わった小岩様のお家に幸せな笑い声が響いていることでしょう。