リフォーム

菊池 様

長年暮らす中で積もった不満を解消するために

築45年の菊池様宅。老朽化した家のメンテナンスとご夫婦お二人がより快適に生活出来る空間を考えていた中、当社リフォームアドバイザーの熊谷をご指名頂きました。
まず奥様のご希望は「料理が楽しくなるキッチン」「長く過ごす場所だから、もっと広く明るい場所にしたい」とその想いを語ります。又、旦那様は外装で一番の要となる「屋根」に安心を求めていらっしゃいました。
元々、トタンだった屋根。「錆が発生する度、足場を立てて塗り直し・・・。それを重ねる度に雨漏りもする様になってね」
その二つのご要望に最良のプランをご説明させて頂き、工事着手となりました。

暗く狭いキッチンを明るく心地良い快適な場所に

まずは「雨漏り」の解決。既に45年経過した屋根は表面も劣化し「塗装と補修」ではどうしても一時しのぎでしかなく、旦那様の「安心」にお応え出来るプランとして、高耐久性のガルバリウム鋼板屋根での葺き替えを採用。そして、より将来の安心の為に、屋根だけではなく外壁サイディングも工事に加える事で外壁面の遮熱性と耐久性も向上しました。
又、悩みの一つであった「寒さ」の対策として、一番熱が逃げる開口部をペアガラスとLow-E複層ガラスを採用し、西日を遮り屋内の熱を逃がさない仕様とし、厳しい栗原の冬を快適に過ごす工夫も取り入れました。
そして奥様の希望であった「キッチン」。これまでリビングとキッチンとの間には仕切り壁があり、間取り上、照明も暗く、奥様お一人で「作る」だけが目的だった場所。
そこに明るさだけではなく、これまで以上の「会話とふれあい」を作りたい。その熊谷の想いから間仕切り壁を撤去し、リビングが見えるL字型のカウンターキッチンを設置。清潔な白と温かみのあるワインレッドを基調とした快適な空間に生まれ変わりました。

想いを汲み取り真摯に応えた幸せな施工

キッチンには今、旦那様が立つ機会も多いのだとか。「元々料理をするのが好きでね。娘達が来た時には、実は私が夕食を振る舞うこともあるんですよ」と笑顔の旦那様。そして奥様も「サッシも替え本当に毎日がポカポカ。以前は寒かったはずが、孫たちが薄着でも廊下で遊べる位!」と、大変ご満足頂きました。
「想いを汲み取り付加価値をご提供する事が一番大事だと思っています」という熊谷も、菊池様ご夫婦の喜ばれる姿が何よりもこれからの励みになります。
快適な日々をご提供する私たちクラシタス。お客様の笑顔溢れる未来を創る事。それが一番のお仕事です。