リフォーム

阿部 様

想いへ寄り添い最良の方法をご提案

石巻市に住居を構えていた阿部様の築44年の建物。そこへあの東日本大震災の揺れが襲った。津波の被害は免れたものの、基礎や躯体等様々な箇所にダメージを受け、大規模修繕が必要となった。一時的かつ部分的な修繕では到底安心して暮らす事が出来ない。しかしながら、ご両親や姉妹、子供達の思い出の詰まった家に大きく手を入れることには抵抗があった。
阿部様宅を定期的にお伺いしていた住空間アドバイザーの後藤は、阿部様の「家に対する想い」に深く共感し、心配事だけでなく希望や夢を叶える為に最良な方法は何か?を阿部様と共に時間をかけ対話と検討を重ねた。そしてより多くの事を叶えられる「新築」をご決断され、当社を〝希望を実現させるパートナー〟としてご指名頂いた。

車イスの母との生活から学んだこと

今は、亡きお母様との思い出の一つとなったが、介護での車イス生活は様々な制限があり、大変だったと言う。以前の住まいは段差も多く、廊下も狭い一般的な昔ながらのつくりであったため、お母様を車イスに乗せたままトイレに連れていくことはできず、日常の生活への不便さがあった。また、壁や扉で仕切られている部屋は、隣の部屋に移動する度にお母様を部屋に一人おいて移動しなければならず、常に心配が尽きなかったという。
そこで、今回新たな家づくりでは阿部様ご自身が仮に車イスでの生活になったとしても不自由なく暮らせるよう、バリアフリーを意識し、敷地内から玄関にかけてのスロープ、車イスのままでも入れる入口の広いトイレ等、家の中の生活動線を広く確保した。また、家族が一堂に会した時等、必要に応じた用途に合わせ、部屋を自在に組めるよう、和室を仕切る引き戸はしまい込む事で、続き和室にも出来る工夫も取り入れた。
当社は家づくりのプロとしてのアドバイスを行い、ご納得のいくまで何度も打合せを重ね、これから続く阿部様の生活と寄り添う家が完成。その仕上りには阿部様からも「本当に満足のいくものになったわ」と最高のお褒めの言葉を頂戴した。

今もそして将来も快適で笑顔あふれる生活

開放的になった空間には、新鮮な風を四方の窓から室内に取り込み、天窓からは気持ちの良い光を浴びる事が出来る。室内にいながら四季を感じられ、自然の力から健康を増進させる事も家づくりに取り入れた。
お母様との思い出がつまった車イスを今でも大事にされている阿部様。お母様に対するその想いは阿部様の心の中で生き続け、きっとお母様も天国でこの快適な空間に喜ばれているに違いない。
東京に離れて住む二人の息子さんたちが、お盆やお正月には元気なお孫さんたちを連れて帰省される。ご家族の元気な声と笑顔がより一層幸せな家族の和を作っていくのだろう。