スタッフ紹介

さまざまな技術に触れ、学ぶ。恵まれた環境に感謝する日々


クラシタス会 板金工事担当
清水 泰基さん

現場で出会う職人すべてが
師匠であり、超えるべき壁。
そこから得た、大きな財産

清水さんと弊社との出会いは今から13年前。18歳だった清水さんは、見ている方が心配になるほど華奢な体つきでした。それが今では20㎏の資材を一度に2本、軽々と持ち上げるほどに逞しくなり、さらには板金工としては最も難易度の高い一級建築板金技能士の資格を取得。その腕の確かさはお墨付きです。
クラシタス若手職人育成の第3期生にあたる清水。先輩たちもまだ修行中の身で、仕事を教えてくれたのは現場の職人さんたちでした。何十キロもある資材を抱え、営業所から現場へと運ぶ日々を過ごし、ようやく現場デビューを果たしたのは2年も過ぎた頃。この時期を「とにかく毎日が楽しかった」と清水さんは振り返ります。「現場に行く度にいろんな職人さんと出会い、その技術を見せてもらっていたんです。自分がまっさらな時期に、大勢の職人さんの仕事をじかに学べた。職人さんが5人いたら、屋根の納め方も5通り。いろんな人の仕事を見ながら、自分に合うやり方をいいとこ取りできるんです。」。一人ひとりの仕事を観察し、これはと思った方法はすぐ真似る。こうして技術を着実に身につけていきました。また熱心に教えを乞う清水は、職人からもよく可愛がられたそうで、今でも現場に行くと当時の多くの『師匠』から頻繁に声をかけられるそうです。

スピードと仕上がり
その両方を追い求め
たどり着いた「ポイント」

一級建築板金技能士を取得し、今では誰もが認める立派な匠です。しかしその技術をものにした影には、血のにじむような努力の積み重ねがありました。「同期で一番怒られたのは、自分じゃないですかねえ」と清水さんは述懐します。「理想は『1mm単位であわせる』きれいな納め方。でも、そこに注力すると、どうしてもスピードが遅くなってしまう。『まだそんなところやってるのか』ってよく怒鳴られていましたよ」と清水さんは照れ臭そうに話します。
スピードの向上を課題として、きれいで早い職人の仕事を観察し、真似ることを繰り返しました。その中で次第に「ポイント」の押さえ方がわかるようになったといいます。「これは口でうまく説明ができないんですけど…。ここに気づく前と後では、あきらかに仕事のやり方が変わりましたね」。
実は職業訓練校指導員という資格まで取得するほど、後進の育成に意欲的な清水さん。しかし後輩に仕事を教えるとき、あえて「ポイント」の部分は説明しないようにしているのだそう。「自分で気付くことが大事だと思うんで…」という言葉に、清水さんが会得してきたものの本質があるようです。後進の育成に尽力しつつも「自分はまだまだです。まだまだいろんな人から技術を盗み職人としての技術を極めたい」と語ります。
その飽くなき向上心と探究心で職人としての頂きを目指し、今日も現場に向かいます。