スタッフ紹介

「親も心配するほどの人見知り」が同僚の「愛あるサポート」で大変身!

一関営業所 所長
髙竹 真司
■出  身:宮城県仙台市
■家族構成:奥さま、長女、長男、次女の5人家族

「誰にでもわかりやすく」がモットー

2006年の入社以来、岩手支店で活躍してきた髙竹は、今年度より一関営業所の所長に着任した。マネジメント業務のみならず、営業としてお客様の元へ頻繁に顔を出す彼の営業上のポリシーは『どんな年代の方にもわかりやすく』。お客様がイメージをつかみやすいようご説明するのはもちろん、イメージ図を用意したりショールームへご案内する。「お客様とたくさんお話を重ねて、『お客様の理想の家』を一緒に作っていく仕事だと思っています。」と力強く答えた。

仙台から、知り合いのいない岩手県へ

営業として数々のご縁を結んできた髙竹だが、学生時代は「“超”がつくぐらい内向的」だったそう。一方で、「自分の学費は自分で稼ぐ!」という強い意志の持ち主でもあり、運送会社と居酒屋のアルバイトを掛け持ちしていた。
入社後の初任地は、何もゆかりのない岩手県北上市。当時の思いを聞みると、「たしかに、はじめは戸惑いました。でも支店の先輩達にたくさん食事に誘ってもらううちに、岩手になじむことが出来ました。」そして実はその頃通っていた飲食店で出会ったのが今の奥様。当時訪れた飲食店で店員だった奥様にひとめぼれ!それからは人見知りはどこへやら?猛アプローチをかけたのだとか。そんな営業力!?が実を結び、めでたく2011年にゴールイン。第二の故郷となった岩手で、あたたかい家庭を築いている。
休日にはお子さん達を連れて公園に出掛ける。体を鍛えるのが趣味の髙竹は、お子さん達以上にアスレチックに夢中になってしまうのだとか(笑)。
実は髙竹、こう見えて意外と筋肉質。がっしりとした体格は、まさに大黒柱と呼ぶにふさわしい。仕事を通して、岩手へ恩返しをしたいと語る髙竹。これからも一関営業所と一家の大黒柱として、頼もしい姿をみせてくれるはずだ。