スタッフブログ

2018年6月8日

若手技術者の育成

2018年4月に入社した新入社員5名は本社で二か月間の研修を受け各支店に巣立っていきました。
営業配属のスタッフ 設計監理配属のスタッフ 工事配属のスタッフ等々 これからたくさんの社会の厳しさを知ると同時に多くのやりがいや人との出会いにより日々成長していく事でしょう。。

さて、そんな毎年入社される新人の中には、高校を卒業し「職人(技術職)」を目指すスタッフがいます。
そんなスタッフに対して社内のOJTだけでなく、厚生労働省の支援も受け、定期的に技術研修を行っています。

この厚生労働省の支援。若者のものづくり離れ、技能離れが進み、産業の基礎となる高度な技能を有する技能者の育成が課題の中、若年技能者の技能の向上を図ることを目的として、長きに渡り建設業で活躍し、優れた技能と経験を持つものづくりマイスターと呼ばれる熟練の技術者を会社に派遣し、そのマイスターから実技指導を頂くことで、効果的な技能の継承や後継者の育成を行う事業です。
この実技指導のお蔭もあり、一級板金技能士や大工技能士等、若手から資格合格者が生まれています。
今年3月に高校を卒業し当社に入社した横山さんも早速、マイスター講師から技術指導を受け来年度の資格取得に向け勉強中の当社女性職人、尚子さんから指導を受けていました。尚子さんも、熟練のマイスターから指導された事を後輩に伝える事で、またそれが彼女の成長にも繋がって行くのでしょう。 まさに「分かる 話す 身に付く」ですね。 経営企画室 庄子

IMG_4528IMG_4530

家づくりをはじめるご家族におすすめ。家づくりのポイントや知識が満載!無料小冊子ダウンロード
リセット住宅の全てがわかるガイドブックをプレゼント!