スタッフブログ

2018年10月10日

無垢の床を楽しむ

こんにちは、経営企画室の河盛です!

あたたかいミルクティーやココアが恋しい季節になってきました。
朝晩は足元が冷えてお困りの方もおられるのでは?
そろそろ素足では辛くなってくる頃ですね。

そこで、今日は床のリフォームについて取り上げたいと思います。

「2階も全部無垢の床にすれば良かったビックリマーク
―住まいを新築して間もない人が発する“失敗”の言葉として、恐らく5本の指に入ります。

1階のリビングはがんばって無垢の床にしたけれど、
予算の都合で2階の寝室や個室は合板フローリングにしたという人が、しばしば漏らす言葉。

たしかに合板フローリングはいいところもたくさんあるのですが
(木目が美しい、傷に強い、メンテナンスが楽、比較的低価格など)、
無垢の床と毎日踏み比べるような環境では、その違いがよく分かります。

無垢の床の魅力は、木目の自然な美しさ、一枚の板ならではの踏み心地の柔らかさ、あたたかさ。

さらに、湿度に応じて水分を吸収したり放出したりする調湿機能などにあります。

年月を経て色合いが変化していくところも、無垢材ならではの魅力です。

無垢フローリングはm2当たり8,000円程度から、合板フローリングは4,000円程度から、というのが材料費の目安です。

10畳の部屋は約16.5m2ですから、無垢フローリングは材料費だけで66,000円のアップになる計算。

1枚1枚張るので手間賃も高くなります。

しかし、床は直に体に接する部分であり、20年30年と暮らすことを考えれば、
この価格差は受け入れられると考える方もおられるのではないでしょうか。

赤ちゃん無垢材

無垢材の床にご興味がある方は、是非、お気軽にご相談ください音譜

(経営企画室:河盛)

***************************************************************

宮城県・山形県・岩手県のリフォーム・リノベーションなら
くらし つながる ひろがる「クラシタス」  

私たちが目指すのは「壊れたから直す」「古くなったから新しくする」という
修繕・修復の他に
お客様のご要望と夢を追求し、
暮らし(クラシ)への付加価値を+(タス)事です。

***************************************************************

家づくりをはじめるご家族におすすめ。家づくりのポイントや知識が満載!無料小冊子ダウンロード
リセット住宅の全てがわかるガイドブックをプレゼント!