社長のブログ

2019年6月9日

衣食「住」足りて、幸せな暮らしを知る

衣食足りて礼節を知る。

「人は、物質的に不自由がなくなって、初めて礼儀に心を向ける余裕ができてくる」という教えがある。

世界の様々な国や地域の紛争や情勢を見聞きすると、この言葉の意味するところを良く理解できる。

課題は様々あるものの、物質的に豊かになったこの時代に感謝するものである。

この「衣・食」に対して更に「住」を足し、物質(モノ)のみならず精神的な家族の幸せな暮らし(͡コト)をお届けすることが我々の使命である。

「衣食住足りて、幸せな暮らしを知る」である。

IMG_0805