【仙台支店/リフォーム現場より】 外壁カバー工法!宮城野区にて

2021.06.24

こんにちは!!

 

仙台支店工事部の横山です👦

 

6月に、関東地方と東北地方を結ぶ大動脈と言える国道4号線に近いお宅の外壁工事を施工させていただきましたので、ご紹介させてください。

 

今回の施工は、既存の外壁(モルタル)の上に金属サイディングを重ねる、カバー工法(重ね張り)の外壁工事です。

 

工事の流れをまとめてみました☺


①透湿防水シートを既存の外壁に貼ります。

 


②透湿防水シートの上に木下地を取り付けます。

 


③ 続いて窓の周りや家の角っこなどにつける専用の部材(役物)を取り付けます。

 

④水平をしっかり測りながら、金属サイディング(新しい外壁)を施工します。

 

 


⑤外壁の繋ぎ目部分や窓廻り等に雨水が入らないようにシーリング(コーキング)を補填します。

 

主に、このような流れになります。

最後のシーリングを補填する際にマスキングテープを綺麗に貼る(養生する)か貼らないかで、

綺麗に仕上がる・仕上がらないの差が決まると言っても過言ではありません。

 

こちらの格子も、お客様の窓に合わせて弊社の関本が作成したものになります。

 

 

お客様の期待に応えるべく、最後まで気を抜かずに丁寧な作業を心掛けております。

 

今回使用したガルバニウム鋼板(金属)は、軽量で耐久性が高いため金属製の外壁材(サイディング材)としてとても人気があります。

また、屋根材としての需要も高いです。


ガルバリウム鋼板はアルミニウムが主原料のため、トタンといった他の金属外壁材に比べて非常に錆びにくいです。
また、錆びたとしても錆が拡大しにくい素材でもあります。

 

「屋根、外壁のリフォーム、リペアがそろそろかなあ」というお宅へは、サンプルをお持ちして、わかりやすいご案内をいたします。

 

是非、私たちへお任せください!😊

 

無料相談・見積」はこちらから。

(仙台支店/横山)

 

宮城県・岩手県のリフォーム・リノベーションなら
くらし つながる ひろがる「クラシタス」

私たちが目指すのは「壊れたから直す」
「古くなったから新しくする」という
修繕・修復の他にお客様のご要望と夢を追求し、
暮らし(クラシ)への付加価値を+(タス)事です。

無料相談・見積 タップして電話をかける