スタッフブログ

2020年1月22日

目からも暖を取り冬を楽しみませんか

こんにちは!経営企画室の河盛です 👧

寒い日が続いていますね。

誰もいない家に帰って来た時の部屋の寒さが堪える今日この頃です💦

寒さが厳しい地域のお客様からは、暖房をどれだけ使っても一部しか暖まらない、なんてお悩みをよく聞きます。

古いお住まいだと断熱材が入っていなかったり、建物に隙間が生じている場合も多くあります。

当社でリフォームして、冬の暖かさが全然違う!暖房費の削減になった!なんて嬉しい声を頂いています。

とはいえ、大規模なリフォームは今すぐできない・・・という方へ、目から暖を取る方法はいかがでしょうか?

 

近年、炎を眺めることで得られるリラックス効果が注目を集めています。

 

炎のゆらめきには“1/fゆらぎ”と呼ばれる、光・音・振動などに含まれる特別なリズムがあります。

私たち人間も元来同一のリズムを持っており、1/fゆらぎにふれると脳波にα波が増すのだそう。

そのため、心を落ち着かせることができたり、肯定感を得ることができるのです。

インテリアに炎といえば、薪ストーブやペレットストーブが定番ですよね。

 

こちらは当社で施工された、ペレットストーブをLDKに取り入れている事例です▼

_DSC8077-3Resize

 

1階のペレットストーブの暖気が2階へ上がるよう、2階にキャットウォークを設置しています▼

_DSC8093-3Resize

 

また、こちらはのお客様ダイニングに設置したペレットストーブから家の各所へ配管を繋ぎ、温風を放出させることで家の中はいつも適温を保持。
ヒートショック対策も叶い、季節を問わず心身共に優しいお住まいへと生まれ変わりました▼

⑭20171007_n

 

こちらは築200年を超える古民家を改修されたお客様です。
LDKのペレットストーブが漆黒の柱とお似合いですね▼

LDK全体

 

ペレットストーブならボタン1つで点火・消化でき、暖炉や薪ストーブのように煙突工事も必要ないので手軽に始めることが出来ます。

 

そしてもっとお手軽に今すぐ挑戦できるのが「キャンドル」。

ゆらゆらと揺れるあたたかな光は、冬のインテリアを優しく照らして、心安らぐ空間をつくりだしてくれます。

 

 

キャンドルホルダーをわざわざ買わずに、空き瓶や空き缶などで再利用することもできます。

外国製の文字入りの瓶ならおしゃれ感がアップ▼

こんなホルダーなら、和室にも合いますね▼

小さなお子さんがいるなら安全第一、LEDキャンドルライトがおすすめです。

寝室で寝る前に使う際にも良いですね▼

 

住まいに炎を取り入れることは、家族の団らんや子供の情操教育に役立つそうです。

確かに、人間は太古から炎を囲んで、コミュニケーションを取ってきましたので、納得しますね。

揺れる炎、温かい色の光に彩られた心地よい空間で、これからの冬時間を楽しんでみませんか?

 

 

(経営企画室/河盛)

***************************************************************

宮城県・山形県・岩手県のリフォーム・リノベーションなら
くらし つながる ひろがる「クラシタス」  

私たちが目指すのは「壊れたから直す」「古くなったから新しくする」という
修繕・修復の他に
お客様のご要望と夢を追求し、
暮らし(クラシ)への付加価値を+(タス)事です。

***************************************************************

 

家づくりをはじめるご家族におすすめ。家づくりのポイントや知識が満載!無料小冊子ダウンロード
リセット住宅の全てがわかるガイドブックをプレゼント!