Vol.01 住宅は梅雨で劣化するかも!雨や湿気から家を守る方法を徹底解説!

2021.07.02

梅雨の時期になると、ジメジメと湿度が上がり、不快指数もピークになります。
雨がよく降り湿気が多い環境は、住宅にとって決して良くありません。
自分の家は大丈夫なのか、湿気で劣化してはいないだろうか、何も対策しなくても良いのかなど心配になりますよね。
湿気で住宅の寿命が短くならないように、快適な生活を送るためには、梅雨の湿気対策は必要不可欠です。
湿気により建物のどの部分にダメージがあるのか、どのような方法で住宅を湿気から守るのかを解説いたします。

 

 

梅雨に湿気が溜まる仕組みと対策!

梅雨の時期は、どんより曇っている日が多く、いつ雨が降り出すか分からない状況です。 日光が入らない環境では、溜まった湿気は取り除かれないまま室内に留まってしまいます。 窓を開け換気をしても、風通しが悪ければ、空気の循環も上手くいきません。 風通しが悪い場合は、扇風機やサーキュレーターで空気の流れを作って循環させましょう。 また、湿気で一番懸念されることにカビやダニの発生があります。 窓の周辺や壁紙、エアコン内や水廻りの洗面・浴室などさまざまなところにカビは発生します。 サッシや窓枠は、常に水滴を拭き取り、埃を溜めないようにしましょう。 ダニもソファやカーペット、布団などに梅雨の時期には増えてきます。 カビやダニは人体にも悪影響を及ぼし、アレルギーを誘発し鼻炎や喘息、肺炎につながる可能性もあるので注意が必要です。

 

 

梅雨の湿気による住宅への影響!

・フローリングが湿気で劣化するリスク

木製のフローリングは湿気を吸収しやすく、伸縮が起こるためにきしみが生じます。過度に湿気を吸収すると、腐食が進んだ場合にはリフォームが必要になることもあります。床を踏んだ時に柔らかく感じたら、湿気を吸い込み腐食が始まっているかも知れません。小まめな換気で空気を循環させ、エアコン除湿や除湿機で室内の湿度が上昇しないような対策が必要です。また、洗面脱衣所やトイレなど水廻りの床によく使われているクッションフロアは、湿気の影響で接着剤が剥がれてしまうことがあります。接着剤が剥がれるとクッションフロアと下地である材木との間に湿気が溜まります。隙間に湿気が溜まると下地である材木が腐食し、床が沈んだり、最悪の場合には抜けてしまうこともあり、大変危険です。違和感を感じたらリフォーム業者に相談しましょう。

 

・床下の材木が、湿気で腐食やシロアリ発生のリスク

普段あまり見ることのない床下ですが、梅雨の時期はやはり湿気がよく溜まる場所でもあります。最近の住宅は、底と枠で構成されたプール型のベタ基礎が主流ですが、逆T字型の布基礎の場合もあり、床下の環境も構造によってさまざまです。床下には、建物を支える土台となる重要な材木が存在します。その重要な材木が梅雨による湿気で腐食してしまっては、床や柱の傾きに影響を及ぼすことにもなりかねません。また、湿気の多い場所で気になるのがシロアリの被害です。シロアリは浴室や洗面脱衣所など湿気の多い場所に発生しやすく、床下の材木を餌にして柱まで食い尽くしてしまうこともあります。柱や梁までシロアリの被害が及ぶと、床や壁を破って大掛かりな補修工事が必要になりますので、思わぬ出費がかかってしまいます。対策として、定期的に床下の点検はしておきましょう。材木の腐食とシロアリ被害の有無を確認し、早期に発見することで修繕費用を抑えることができます。また、材木にどれだけの水分が含まれているかを表す含水率も業者に計測してもらいましょう。含水率の数値で床下の湿度が適正かを判断することができます。

 

・基礎のコンクリートにエフロやクラック発生のリスク

鉄筋コンクリート造の住宅だけでなく、木造住宅の基礎部分にもコンクリートが使用されています。一見コンクリートは湿気とあまり関係ないように思いますが、コンクリートの性質には細かい毛細管が存在し、湿気を含む要素があります。コンクリートの内部に湿気が入り込むと、温度に変化があった場合結露することがあり、液体化してしまうとコンクリートの中から水酸化カルシウムが溶け出してしまいます。水酸化カルシウムを含んだ水がコンクリートの表面に出てくる現象をエフロといいます。このエフロが起きるとコンクリートの強度が弱くなり、老朽化を進めてしまう原因になるのです。コンクリート内部に鉄筋が入っている場合は、錆びにもつながり弱くなってしまうと強度が心配になります。住宅の基礎部分にも注目し、コンクリートにエフロが起きていないか、強度が落ちて大きなひび割れ(クラック)はないかをチェックしておきましょう。そのためには、業者に依頼して外からと床下内部の点検が必要です。

 

 

梅雨対策に必要な簡単にできる湿気対策!

梅雨対策は、湿気を室内に溜め込まないようにすることが重要です。湿度が高いままの状態で放置していると、材木の老朽化が進み住宅寿命を縮めます。空気を循環させて、出来るだけ湿度を下げることを心がけましょう。ちょっとしたことをやるかやらないかで、随分結果が変わってきますので毎日気が付いた時に行うことをおすすめします。具体的な梅雨の湿気対策について解説します。

 

・屋内の空気の循環を良くする

雨の降らない日は、窓を全開にして空気を循環させましょう。その際、キッチンのシンク下の扉やカップボードの扉、洗面脱衣所の収納、シューズクロークの扉など開けられる扉は全て開けると効果的です。湿気によるカビや臭いの発生を抑えることができます。できれば日中は開けておき、湿気の多くなる夕方には閉めるようにしましょう。

 

・クローゼットや押入れ・収納を換気する

梅雨の時期は、着用した衣服に湿気が溜まっていることがあります。外出時にそのままクローゼットに収納してしまうと他の衣服まで湿ってしまいます。帰宅して脱いだ衣服はしばらくの間部屋で乾燥させてから収納することがおすすめです。部屋の湿度が高い場合は、エアコンの除湿機能やサーキュレーターなどを使って衣服の湿気をとりましょう。クローゼットの扉は閉めっぱなしにしないで、窓を開けた時には風を通して湿気を取り除くことが必要です。押入れや収納も普段は閉めていることが多いので、時々開けて空気を入れ替えましょう。特に洗面脱衣所などの収納は湿気が溜まりやすいので、タオルやパジャマなどの衣服類に悪臭やカビが発生しないようにしっかりと換気しましょう。

 

・エアコン除湿や除湿アイテムの活用

室内の除湿には、エアコンの除湿機能や除湿機を活用しましょう。また、水廻りには換気扇や換気機能を使用することで、湿気対策ができます。トイレやクローゼットなどの締め切る場所では、炭や除湿剤をおくことで湿気を取ることができます。狭いスペースでは、除湿アイテムを上手く利用することがおすすめです。

 

 

リフォームによる湿気対策!

本格的に住宅を守り、住宅寿命を伸ばすためには、リフォームによる湿気対策が必要です。特に木造住宅は、湿気が悪影響をもたらす要因の一つだからです。折角建てた住宅が、湿気で材木が腐食したり、シロアリの被害にあっては元も子もありません。長く住める住宅を維持するためには、メンテナンスが必要でリフォームを検討することをおすすめします。

 

・リフォームによる床下の湿気対策

最も見えにくい場所である床下ですが、湿気が溜まりやすい場所でもあります。床下における湿気対策のリフォームでは、主に次のような対策があります。

 ・地面に防湿シートを設置する

 ・床下に換気扇を設置する

 ・湿気を吸収する床下調湿材を設置する

防湿シートの設置は、地面から上がってくる湿気を防止します。河川の近くや水脈があるような、地盤そのものに湿気が多い土地に有効です。床下換気扇は、外気を循環させることにより床下の湿度を下げる効果があります。床下の風通しが悪く、空気の循環が良くない住宅の場合はおすすめです。空気の入り口と出口を計算して設置しなければ、上手く循環しないので専門業者に依頼しましょう。床下調湿材は、木炭やゼオライトという調湿材があり、湿度が高くなると湿気を吸収してくれる役割をしてくれます。木炭などの調湿材は、湿気を吸収し乾燥すれば放出するので、半永久的に使用することがメリットです。梅雨対策の一つとして床下の湿気対策リフォームは住宅寿命を伸ばす重要なポイントなので業者に相談してみましょう。

 

・リフォームによる窓サッシの湿気対策

梅雨の時期には、窓からの湿気も気になります。湿気によりサッシや窓枠まで、カビが発生しやすい状況になってしまいます。リフォームによる窓の湿気対策で最も効果的な方法は、二重サッシにリフォームすることです。既存のサッシの内側に樹脂製のサッシを取り付ける工事で、比較的簡単に施工できます。サッシを二重にすることによって、湿気防止を含め断熱効果や冬の結露防止にも効果を発揮します。

 

・リフォームによる壁の湿気対策

湿気が多いということは、住宅の断熱性が低いということがいえます。築年数が古い場合には、断熱材を新しく取り替えることで、住宅寿命を伸ばすことが可能です。他にも、室内の湿気を調節するには、調湿作用のある内装材にリフォームすることもおすすめです。エコカラットや珪藻土を壁に施工することによって、湿気を吸収し、乾燥時には放出してくれます。ごく小さな孔が無数に開いているため、活性炭のような調湿効果があるのです。エコカラットや珪藻土は脱臭効果や断熱効果に加え、不燃性もあるため安全で安心な材料といえます。また、工期が短く手軽に張り替えられる珪藻土の壁紙も便利です。湿気の多いトイレや洗面脱衣所などに施工すると効果があります。

 

・リフォームによる室内干しの湿気対策

梅雨の時期に困るのが、外に干しても乾かない洗濯物です。乾燥機を使うのも良いですが、衣類につく臭いや縮みが気になります。室内に洗濯物を干すスペースを作り、乾燥機を設置すれば臭いや縮みも気にせず、花粉やP M2.5などの対策にもなりおすすめです。天井に格納できる物干しユニットをつけることもできるので、洗濯物を取り入れた後は、格納すれば見た目もスッキリします。室内にスペースが無ければ、サンルームを掃き出し窓のある部分に設置することも一つの方法です。南側に設置スペースがあれば、物干しスペースとして有効に活用しましょう。

 

 

一戸建て外周りの梅雨対策!

新しい住宅であればそれほど問題ではありませんが、築年数の古い住宅の場合、梅雨の時期には、雨漏りが心配になります。屋根は大丈夫なのか、外壁サイディングのコーキングが劣化して雨水が壁の中に入っていないかなど雨水に対する対策がポイントになってきます。屋根と一言で言っても、屋根材の劣化や屋根の側面にある破風板・雨樋が付いている下地の鼻隠しなど、雨風をまともに受けてしまう部分も老朽化していないかチェックする必要があります。特に築年数の古い住宅では、破風板や鼻隠しは材木の建材が多く、日々紫外線や雨風にさらされダメージが大きい部分です。破風や鼻隠しが老朽化していれば、建物内部に雨水が侵入してくる可能性があり、内部の材木を腐食させたり、雨漏りの原因になります。また、雨樋が老朽化していて亀裂が入っていたり、金具が外れていたりと雨樋としての機能が果たせない状態になっている可能性もあります。まずは、リフォーム業者に雨樋・破風・鼻隠しなどの屋根に付随する部材を含めて、屋根の点検を依頼することをおすすめします。外壁も同じように、モルタルの外壁ならクラックが入って雨水が侵入していないか、サイディングならコーキングが劣化し硬くなって防水の役割を果たしていないかなども一度専門業者に点検を依頼し、早めに対処することが重要です。

 

 

マンションでできる梅雨対策!

一戸建てよりもマンションの方が、一般的に湿気は溜まりやすいです。理由は、気密性が高すぎる事と一戸建てに比べて窓が少ないため空気の通り道が作りにくいことが原因です。特にコンクリート構造のマンションは、新築の場合コンクリートの水分が抜けておらず、完全に水分が排出されるまで、10年程度かかるといわれています。最初の3年は特に水分量が多く、結露などに悩まされます。一戸建てに比べ窓が少ないマンションですが、2カ所は窓を開けて空気の通り道を作り、循環させましょう。クローゼットや収納は、一戸建てと同じように扉を開け換気を怠らないようにします。衣服など詰め込みすぎないことも、湿気対策には重要なポイントです。また、室内に大きな観葉植物をたくさん置いたり、水槽などがあれば湿気は増しますので、多くなりすぎないように注意しましょう。どうしても湿気に困った場合は、調湿効果のある内装材にリフォームすることをおすすめします。また、マンションは共用部分と専有部分に分かれていますので、リフォームが可能な場所に制限があります。管理規約に基づき、許可が必要なマンションもありますので、リフォームする際は注意が必要です。手軽に湿気対策をするのであれば、珪藻土の壁紙に張り替えたり、エコカラットなどの調湿材にリフォームするのが良いでしょう。

 

 

まとめ

住宅にとって湿気は、悪影響を与える原因の一つです。重要な材木を腐食させたり、シロアリの被害があると、劣化するだけではなく住宅自体の強度も失われます。地震や災害の対策としても、梅雨時期の湿気対策は住宅を守り、人命をも守ることにつながります。したがって、できるだけ早く点検を依頼し、傷んだ箇所を早期に修繕することをおすすめします。梅雨時期の湿気対策をしっかり行い、住宅寿命を伸ばすことが重要ではないでしょうか。

無料相談・見積 タップして電話をかける