スタッフ紹介

“できない”を“できる”に変える、その達成感をモチベーションに


仙台支店 主任
関本 政和

屋根職人である叔父の背中に憧れ職人の道

弊社仙台支店で腕をふるう関本は、職人の道に入り、今年で10年以上になります。この仕事を志したきっかけは、屋根職人であった叔父の姿でした。「中学校のとき、叔父さんが屋根の上で仕事をしている様子を見て、単純に”カッコイイ“と思ったんですよね」。そんな憧れを胸に、クラシタスの門を叩いたのは高校卒業後の19歳。板金ではハサミの使い方に慣れることが、最初の難関でした。「単にまっすぐ切る、ということがどれだけ難しいか…。」当時は、仕事が終わった後の会社で毎日練習の日々。最初の4~5年はとにかく毎日怒られるシーンの連続。「自分は”キツい“と思う反面、できないことができるようになる”楽しさ“の方が勝った。だから続いたんですね」。と、振り返ります。

視野を広くする「多能工」として働くメリットと役割

弊社の職人は、「多能工」であることを求められます。当然関本も屋根職人だけではなく、ときに左官工や、大工、塗装工として働く事も。宮城県の「ものづくりマイスター制度」を利用した講習会に月1回参加するほか、先輩の手元を見ながら、これらの知識や技術を、一つ一つ増やす努力をしてきました。専門の職人に対し、「多能工」は、より広い視野で仕事を見ることができます。全体の進行を理解することで、状況を俯瞰することができる。それによって、先を予測して、事前に対応する事も可能になります。「現場に入っている他の職人さんとのやりとりも、自分が知識を持つことでスムーズにいく。そして何より、お客様の疑問やニーズに対して、より的確な答えが出せる。プラスαのご提案にもつながるんです」。

今後は後進の育成に重きを置くのか?と話を向けると、「いやいや」と関本は首を振りました。「まだまだ、下に教えることよりも、自分自身の技術を追求していきたいんです」。理想はあくまで高く抱き、己の道を邁進する。その姿に、職人としての誇りがさんぜんと輝いていました。